2010年の登山記録 前半

2010年のもくじ 前半

No. 山名 標高(m) 登山日 天気 コメント
1 鋸山 329 2010/4/10 晴れ インカレ打ち上げ
2 雲取山 2017 2010/4/25 晴れ シーズン到来
3 霧島山 1700 2010/4/30 晴れ 九州旅行
4 開聞岳 924 2010/5/1 晴れ 九州旅行
5 祖母山 1756 2010/5/2 晴れ 九州旅行
6 阿蘇山 1592 2010/5/2 晴れ 九州旅行
7 九重山 1791 2010/5/3 晴れ 九州旅行
8 丹沢山 1673 2010/5/15 晴れ 修行
9 天城山 1405 2010/5/22 晴れ 靴試し
10 尾瀬沼尾瀬ヶ原   2010/6/6 晴れ 水芭蕉
11 鳳凰山 2840 2010/7/19 晴れ 修行
12 仙丈ヶ岳 3033 2010/7/24 晴れ ペース早すぎで高山病
13 甲斐駒ヶ岳 2967 2010/7/25 晴れ 展望最高
14 尾瀬ヶ原   2010/8/1 晴れ アヤメ平
15 瑞牆山 2230 2010/8/7 晴れ サンダル
16 阿寒岳 1499 2010/8/22 晴れ 火口が見事
17 羅臼岳 1660 2010/8/23 晴れ 絶景
18 斜里岳 1545 2010/8/23 晴れ 川沿い歩きが楽しい

鋸山 2010/4/10 晴れ

インカレメンバーと一緒に千葉の鋸山へ行ってきました。シーズン前の足慣らしということで。登山というよりは観光地といったほうがいいのかも。

鋸山1
集まったメンバー

鋸山2
カメラマン

鋸山3
鋸山山頂 海が近くに見えるのは珍しいです

鋸山4
I氏

鋸山5
絶壁の採石場 安全第一と彫ろうとしたらしい

鋸山6
さびれた作業車

鋸山7
安西先生がいましたよ

ちょこっと雨が降ってきましたが、多数メンバーだったので、気になりませんでした。この後、横浜で軽く飲んで帰りましたとさ。


雲取山 2010/4/25 晴れ

九州に行く前の準備として、雲取山を登ってきました。小袖乗越からスタートして、早歩きで山頂まで2時間ぐらい。

雲取山
山頂からはいつもどおりの景色

4月後半になれば、南側から登る分には雪のことは考えなくてよいみたい。 九州の山はそれほど奥深くないので、この勢いで5山を登り切るぞ。


九州へ移動 2010/4/29 晴れ

本日は移動日。日が出ているうちに大阪まで車で移動し、夜はフェリーに乗り、宮崎まで移動します。6時半に埼玉を出発、19時のフェリーに乗らないといけません。東名高速で行くか、中央道で行くか迷いましたが、山を見ながら行きたいので、中央道を選択しました。

結果として、八ヶ岳付近は大雨で景色は全くダメでした。駒ヶ根から先は行ったことがないので、ここからは未知の領域。恵那山トンネルはとても長く萎えてしまう。岐阜へ到着したときに、京都まで150kmの表示を見てがくぜんとしました。大阪は遠いッス。

九州1
大阪の吹田SAで最後の休憩 「ふいた」ではなく「すいた」と読むらしい この時点で550km運転

九州2
大阪→宮崎をつなぐフェリー 車をのせると3万円コースです

九州3
夕食はバイキング形式 1300円です 肉系ばかり取ってしまった 朝食は500円

九州4
2等寝室 棚は1つ、あとは寝るスペースのみです

九州5
車置き場

まずは初日600kmという運転をクリアーしました。22時で消灯時間、おやすみなさい。フェリーは夕食あり、朝食あり、風呂ありで快適でした。ただ1点、共同スペースはどこにいてもタバコくさいのが残念でした。排煙装置はついていましたが、能力不足のようです。


霧島山 2010/4/30 晴れ

フェリーから出た後は直行で、霧島山の韓国岳を目指します。時間があれば霧島温泉や桜島に行けたらと思います。8時半にフェリーを出発、宮崎の中心をすっとばして、はじっこの霧島方面へ。

九州6
10時頃、えびの高原に到着 右側が韓国岳

九州7
8合目付近、落ちたらやばいね

九州8
山頂から大浪池

九州9
韓国岳山頂

九州10
時間があれば高千穂も登ってみたいが・・・今回はパス

九州11
降りてきました えびの高原から見る韓国岳

霧島山ルート
霧島山のルート

登山中は高校生がうようよいて、さらに山頂は風が強く、萎えてしまいました。旅は始まったばかり。ぼちぼち帰って、霧島温泉に入りましょう。霧島でゆっくりして、桜島を眺めて、開聞岳近くの道の駅喜入まで移動し、今日はおしまい。はじめてテントを張って寝ました。

九州12
おつです


開聞岳 2010/5/1 晴れ

今日は開聞岳へ。1000m以下なので筑波山ぐらいかなと思って登ります。時間があれば指宿温泉で砂風呂に入ります。7時に出発です。

九州13
隣の人もバイクで同じく埼玉からきたそうです

九州14
開聞岳が見えた 迫力がある

九州15
開聞岳近くのコンビニから

九州16
頂上からは海が見える

九州17
危険なところでカップヌードルを食べる演出

九州18
山頂で一枚

九州19
下山後は指宿温泉へ。砂に埋められ、10分ぐらいで耐えられなり脱出。

九州20
桜島を撮影。また今度、時間があるときに行ってみたいです。

ここから阿蘇まで200kmぐらい。ゲーと思いつつも、移動してしまいました。阿蘇まで行くと標高が高く、寒い中で無理矢理寝ました。九州の南側は暖かったです。


祖母山・阿蘇山 2010/5/2 晴れ

朝起きると寒くて凍えそうになっていた。危ない。今日のメインは祖母山です。余力があれば阿蘇山も狙っていきます。祖母山の登山口を目指していきますが、なかなかの悪路。これは皇海山を思い出させる道が30分ぐらい続いたと思います。

九州21
祖母山の登山口。7時ですでに車は満杯でした。奥に見えるのが祖母山。

九州22
普通の登山道で、1時間半ぐらいで山頂についてしまった。

九州23
山頂の雰囲気 

九州24
頂上からはほこりが多いため、あまり遠くまでは見えなかった。

九州25
下山中から祖母山を一枚

ゴールデンウィークの祖母山は見所が少なく、あまりおもしろくないと思います。今回は九州を5泊6日で回るという予定なのでしょうがないですが、他の人は時期を変えて狙ってみてください。11時頃には下山し、余力がありそうなので阿蘇山に向かうことにします。

九州26
下山後に阿蘇山を一枚

九州27
観光地です ヘリコプターがブンブン飛んでます

九州28
那須岳みたいですね

九州29
火口から煙が出ています

九州30
山頂で1枚

九州31
落石には注意

九州32
火山ですよ

九州33
GWなので人が多いようだ

九州34
迫力ある火口

九州35
車で5分以内で、草原に移動 乗馬もできます

九州36
米塚です 背伸びして撮影してます

阿蘇山はさすが観光地。見所がたくさんですね。今回は主要なところしか行きませんでしたが、今度はゆっくり回ってみたい。
道の駅の阿蘇は大人気。お隣の波野は不人気なので、こちらで泊まる。


九重山 2010/5/3 晴れ

昨日は車内で寒かったので、今度はテントを張ってみた。意外と寝られた。今日はいよいよ最後の山、九重山を登ります。

九州37
霧がかかっていたけれど、今日も晴れだ

九州38
湖を巻いて山頂を目指す

九州39
素晴らしいね

九州40
九州最高峰

九州41
赤城の地蔵岳っぽいですね

九州42
結構な高度感 おとなりの稲星山へ行ってみよう

九州43
久住山の山頂

九州44
星生山からの眺め

九州45
星生山からは九重山のメインが一気に撮れる

九州46
下界から見る九重山

晴天に恵まれ、4日で5山を登り切りました。登山口に戻ってきた時には、達成感であふれていました。
この時点でもう1日観光する余裕がありましたが、燃え尽きてしまったので、帰ることにしました。
人間やればできるもんだ。


丹沢山 2010/5/15 晴れ

神奈川県に小学生から高校生まで10年以上住んでいましたが、行ったことのない丹沢山へ日帰りツアーです。大倉から蛭ヶ岳まで往復してみます。疲労度によっては、丹沢山までであきらめるかもしれません。少々寝坊して7時40分に大倉スタート。

丹沢1
新緑の中、長い尾根の登り

丹沢2
湘南の景色

丹沢3
塔ノ岳 この時点で10時 大丈夫か?

丹沢4
サクラが見頃

丹沢5
降りて登り切れば蛭ヶ岳

丹沢6
着いた

丹沢7
蛭ヶ岳頂上で一枚 46座目 11時半

丹沢8
丹沢山でも一枚 13時

丹沢9
大倉バス停 15時

丹沢ルート
丹沢のルート

塔ノ岳からもアップダウンがあって、結構大変でした。バスで来ているなら、大倉から蛭ヶ岳まで行ったら、そのまま北へ抜ける方が賢いですな。塔ノ岳からの帰りは怪しいトレイルランナー(下りは早いが、登りが遅い、たまに携帯いじってる)についていったので、早かったです。


天城山 2010/5/22 晴れ

日帰りで天城山へ。シャクナゲが見頃と思われます。4時半に埼玉を出発し、箱根経由で山沿いを進み、8時半に天城高原ゴルフ場の駐車場につきました。距離の割に時間がかかるね。

天城1
4時半に出たが・・・渋滞にまきこまれた

天城2
万二郎岳に登る途中

天城3
シャクナゲを発見

天城4
シャクナゲを発見 その2

天城5
万三郎岳からの景色

天城6
万三郎岳

天城7
ゴルフ場の駐車場から

天城ルート
天城山のルート

天城8
おまけ 伊豆スカイラインから箱根方面

今年のシャクナゲはいまいちのようです。危険な箇所は特になかったので、5月末頃に初心者をつれて、ハイキングで行くのがいいですね。朝早く出ないと駐車場が埋まっているかも・・・


尾瀬沼尾瀬ヶ原 2010/6/6 晴れ

天気予報からこれ以上ないぐらいの快晴が期待できそうなので、水芭蕉を見に尾瀬へ。

尾瀬1
残雪ありの登山道

尾瀬2
尾瀬沼に着きました 燧ヶ岳が見えます

尾瀬3
水場によく咲いています

尾瀬4
尾瀬沼の小屋です

尾瀬5
リュウキンカとつくし

尾瀬6
尾瀬沼から尾瀬ヶ原へ、遠くに至仏山が見えます

尾瀬7
人力で小屋まで運ぶのですよ

尾瀬8
燧ヶ岳

尾瀬9
下ノ大堀という、よく写真になる場所です

最初の尾瀬沼の方は人が少なかったけど、湿原に来たら人だらけでうんざりでした。帰りの鳩待峠→戸倉はマイクロバス、戸倉→大清水は路線バスを使用しました。路線バスの最終時間にぎりぎりでした。最初に戸倉→大清水間で路線バスを使えれば、もう少しゆっくりできるかも。

尾瀬ルート
尾瀬のルート


鳳凰山 2010/7/19 晴れ

鳳凰三山に行ったけど、今までの山とスケールが違い、価値観がまた変わりました。360度パノラマでした。きれいな写真ばかりだけれど、日帰り行程は結構きつーーーーーいです。観音岳に向かう途中で高山病になりました。

鳳凰三山1
葉っぱにトゲがついている。指をちくっと刺してしまい、ダメージ

鳳凰三山2
五色ノ滝

鳳凰三山3
ヘリコプターで救助を目撃

鳳凰三山4
地蔵岳と八ヶ岳

鳳凰三山5
観音岳から見ると地蔵岳は小さい

鳳凰三山6
北岳 初めて見ました

鳳凰三山7
薬師岳から北岳 さあ生きて帰るぞ

鳳凰三山8
青木鉱泉に戻ってきました

鳳凰三山
鳳凰三山のルート

帰りの渋滞はいままでに見たことがない35kmだった。いつも通り、大月から相模湖までは下道にした。


仙丈ヶ岳 2010/7/24 晴れ

先週に引き続き、南アルプスに行った。まずは仙丈ヶ岳です。マイカー規制とバスのダイヤの仕組みをよく理解しておらず、広河原で2時間バスを待つ・・・。北岳に行ってしまおうか悩んだ。9:40に北沢峠をスタート。遅れを取り戻そうとハイペースでとばしすぎたので、山頂直前で高山病になる。3000m級は危険だ。

仙丈ヶ岳1
小仙丈ヶ岳

仙丈ヶ岳2
仙丈ヶ岳

仙丈ヶ岳3
甲斐駒ヶ岳

仙丈ヶ岳4
北岳

仙丈ヶ岳5
山頂付近に花が多かった

仙丈ヶ岳6
南アルプスの天然水

仙丈ヶ岳
仙丈ヶ岳のルート


甲斐駒ヶ岳 2010/7/25 晴れ

次の日は甲斐駒ヶ岳へ。前日の反省を活かして、高山病にならないように早出、ゆっくり登ります。

甲斐駒ヶ岳1
今日はここに登ります

甲斐駒ヶ岳2
北岳と仙丈ヶ岳

甲斐駒ヶ岳3
直登ルートは危険なので避けます。

甲斐駒ヶ岳4
砂歩き

甲斐駒ヶ岳5
山頂に到着!

甲斐駒ヶ岳6
午後から雨の予報なので、さっさと帰る。

甲斐駒ヶ岳
甲斐駒ヶ岳のルート

仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳、サイコーでした。これで50座達成です。南アルプスのマイカー規制のしくみもよくわかったし、これでまた経験値アップだ。中央道エリアは素晴らしい山ばかりです。


尾瀬ヶ原 2010/8/1 晴れ

この時期はアヤメ平のキンコウカが素晴らしいとのことで、見に行くことにしました。鳩待峠からアヤメ平を目指します。

尾瀬11
1時間ぐらい歩くと横田代へ

尾瀬12
キンコウカとチングルマ

尾瀬13
キンコウカとワタスゲ

尾瀬14
ニッコウキスゲがわずかに残ってました

尾瀬15
オオバギボウシかコバギボウシ

尾瀬16
水芭蕉で有名な下ノ大堀ですが、ピークを過ぎるとこんな感じ

アヤメ平と尾瀬ヶ原はお花がいっぱいでした。都会と比べると涼しく、もうすぐ秋を感じさせる気候です。


瑞牆山 2010/8/7 晴れ

研究室の友人を連れて、瑞牆山を登ってみました。

瑞牆山1
とんがっているのが金峰山です

瑞牆山2
山頂で一枚

友人はサンダルで登る強者でした。ただ山頂で高所恐怖症になったらしく、おとなしくしてました。そんなに怖いかな?


雌阿寒岳 2010/8/22 晴れ

北海道旅行の2日目、本来は幌尻岳にアタックする予定だったが、2番目の渡渉ポイントで川の勢いが強くて断念した。まだ時間がありそうなので、雌阿寒岳に登ることにする。13時に登山開始、下山者多数の中、がしがし行きます。

雌阿寒岳1
午後にしてはよい展望

雌阿寒岳2
火山っす

雌阿寒岳3
地球は活動している

雌阿寒岳4
阿寒湖と雄阿寒岳

雌阿寒岳5
阿寒富士

雌阿寒岳6
阿寒富士から雌阿寒岳

雌阿寒岳7
オンネトー

雌阿寒岳
雌阿寒岳のルート

すばらしい山だった。地球の活動という点で、九重山や阿蘇山に雰囲気が似ていた。雄阿寒岳にも今度は機会があれば登りたい。


羅臼岳 2010/8/23 晴れ

今日は羅臼岳と斜里岳の2つを登ります。試練だね。クマ対策として鈴を鳴らしながら、進んでいく。

羅臼岳1
あれが頂上だ

羅臼岳2
横から見た頂上

羅臼岳3
フードロッカー クマが襲わないようにここに食べ物を置くらしい

羅臼岳4
頂上から 素晴らしいね

羅臼岳5
頂上から 斜里岳方面

朝早くから登ったので、素晴らしい景色に出会うことができた。縦走したくなるような感じだ。 頂上でゆっくりしたかったが、次があるのでさっさと降りることにする。幸いクマには出会わなかった。


斜里岳 2010/8/23 晴れ

羅臼岳からの連チャンです。ちょっと左ひざが痛いけど、一日2000mも登れるの?という不安があるが、翌日雨という予報なので、まあ行ってみることにする。だめそうなら下山すればいい。13時頃から登山開始。

斜里岳1
水場を渡っていきます これが結構おもしろい

斜里岳2
いくつもの滝の横を登っていきます

斜里岳3
あれが頂上

斜里岳4
斜里岳頂上

斜里岳5
先ほど登った羅臼岳が見えます

斜里岳6
広大な土地とオホーツク海

斜里岳7
尾根道を歩く

斜里岳8
正午過ぎてからの入山はやめましょう・・・13時登山開始、17時下山完了

水場を渡りながら進んでいくのがおもしろいです。あまり危険は感じませんでした。1日2山、やりきった。


北海道 番外編

登山のついでに観光もしてます。登山中は忘れていたけれど、この旅は傷心旅行を兼ねていたことを思い出しました。朝から無料の温泉に入ったり、おいしい寿司を食べたり、釧路でたらふく食べて飲んで、せきど先生に電話をかけたり、、、楽しかった。

北海道1
オシンコシンの滝 なにが有名かわかりませんが、滝です。

北海道2
道の駅羅臼にあった文字の流れる自販機

北海道3
観光船から知床岬を撮影 ヒグマも目撃してます

北海道4
ウトロで寿司を食べる

北海道5
釧路湿原

北海道6
釧路の朝食

北海道7
釧路湿原と阿寒岳