2008年の登山記録 後半

2008年のもくじ 後半

No. 山名 標高(m) 登山日 天気 コメント
13 平ヶ岳 2141 2008/8/12 晴れ 試練の山
14 会津駒ヶ岳 2133 2008/8/13 晴れ お花畑
15 燧ヶ岳 2356 2008/8/14 くもり 御池からは近い
16 男体山 2486 2008/9/6 晴れ 下山中に大雨
17 越後駒ヶ岳 2003 2008/9/28 晴れ 田所先生と車内泊
18 四阿山 2354 2008/10/4 晴れ 寄せ集め集団?
19 至仏山 2228 2008/10/5 くもり 山頂付近は風が強く寒い
20 尾瀬ヶ原 1400 2008/10/12 晴れ ハイキング
21 巻機山 1967 2008/10/18 晴れ 六合目付近が紅葉
22 谷川岳 1977 2008/10/25 晴れ 山頂は霧
23 雲取山 2017 2008/11/23 晴れ 歩きやすい道 快晴
24 入笠山 1955 2008/12/14 初の雪山

平ヶ岳 2008/8/12 晴れ

今日は非常にコースの長い平ヶ岳を登ります。早朝の1時半出発し、5時に登山口に到着しました。午後からは天気が悪くなるかもとのことで、とにかく早出です。遅くなったときのことを考え、ヘッドランプに食料と水は多めに持って行きます。

平ヶ岳登山口
鷹の巣 登山口駐車場

平ヶ岳登山口2
登り6時間半 下り4時間半 合計11時間

燧ヶ岳
下台倉山付近 燧ヶ岳がはっきり見えます。

標的
台倉山付近 やっと標的が見えました。でもまだ遠いです。

水場
白沢清水 ほとんど水がありません。一応給水しておきます。

平ヶ岳
やっとのことで湿地に出ました。長かった。山頂はすぐそこです。

山頂
9時半頃、山頂につきました。下山に備えて、少し昼食を食べます。

玉子石
名物?の玉子石にやってきました。見るものは見たので、後は帰るだけです。

湿原
天上の湿原でした。帰るのが惜しいです。

やせ尾根
だいぶ降りてきました。最後にやせ尾根を降りて帰ります。

平ヶ岳ルート
登りと距離が多いです。やせ尾根を降りるころにはすっかり疲れていました。朝5時半にスタートして、下山14時ですから。次の日に登れるか非常に心配ですが、宿に向かいます。

七入山荘
今回の旅の宿、七入山荘です。2泊します。

衛星放送
ん、番組が4つ?

気になる夕食は非常においしかったです。さらにボリュームもあり大満足。平ヶ岳で使ったカロリーの補給はばっちりです。朝が早くて、疲れたため21時には就寝。次の日に備えます。


会津駒ヶ岳 2008/8/13 晴れ

5時半に起床しましたが、やはりだるい。天気がよさそうなので、会津駒ヶ岳に行くことにしました。朝食をおいしく食べて、7時に会津駒ヶ岳の登山口を出発です。

会津駒ヶ岳登山口
会津駒ヶ岳の登山口。最初はかなり急な登りです。

山頂直前
途中は省略して、山頂直前です。

ニッコウキスゲと山頂
ニッコウキスゲと山頂

燧ヶ岳
燧ヶ岳が今日もきれいです。

山頂
山頂で一枚

ニッコウキスゲ
さらに先の中門岳を目指します。

ハクサンコザクラ
ハクサンコザクラ

中門大池
中門大池

ハートマーク?
ハートマーク?

チングルマ
チングルマ

会津駒ヶ岳ルート
距離は短いですが、結構登っています。

平ヶ岳の疲れからか、登り時点で多少足が痛かったのですが、湿布で応急処置しました。その後は快適に過ごせました。登りは多いけれど、道は平ヶ岳と比べると快適でおすすめです。山頂付近はお花のパレードでした。また行きたいですね。


燧ヶ岳 2008/8/14 くもり

いよいよ最終日。今日は天気がいまいちなので、越後駒ヶ岳はやめて、尾瀬散策をすることにしました。まずは御池から燧ヶ岳に登ります。その後、天気によって御池に帰るか、尾瀬ヶ原に降りるか決めることにしました。

燧ヶ岳
1時間ぐらいで山頂が見えました。

キンコウカ
キンコウカ

山頂
今年2回目の頂上。雨が降ってきました。

尾瀬ヶ原と至仏山
今年2回目の尾瀬ヶ原と至仏山

尾瀬ヶ原
尾瀬ヶ原に降りてきました。少し秋が近づいているように感じます。

サワギキョウ
サワギキョウ

平滑ノ滝
平滑ノ滝

三条ノ滝
三条ノ滝

平ヶ岳
最後は平ヶ岳を眺めながら、御池に帰りました。

尾瀬散策ルート
最終日に追い込みすぎました。

三日間でやりきった感があります。平ヶ岳はとても遠かったです。1つの試練だったと思います。頂上付近はすばらしい湿原です。天気がくずれないとわかっていれば、もうちょっとゆっくりできたのに。会津駒ヶ岳は最初の急な登りを越えれば、登りやすかったと思います。中門岳付近の湿原はお花の祭りでおすすめです。最終日の尾瀬は天気を警戒して、ほとんどろくに休まずに歩いていました。もうちょっとゆっくり散策したかったです。また秋に群馬側から行くとしましょう。


男体山 2008/9/6 晴れ

一ヶ月近く空いてしまいましたので、リハビリ(=山)してまいりました。今日は修行の山である男体山です。午前は晴れ、午後から雨が降るとのことで、先手必勝の4時半出発です。

志津乗越登山口
志津乗越登山口。車で来るにはちょっと道が悪いです。

男体山
男体山、いい天気です。7時40分。

四合目
一合目から九合目まで、目印があります。

女峰山
北側の女峰山?いい天気です。

頂上
頂上、ガスってきました。50代ぐらいの夫婦と話しながらご飯を食べました。

良縁の鐘
良縁 きぼんぬ

15度
15度です→下界は30度です。

頂上風景
頂上風景、中禅寺湖・戦場ヶ原・白根山がたまに見えましたが、基本的にガスでした。

シーズン後
花のシーズンは過ぎたようです。枯れてきてます。花の山ではないようです。

赤い土
下山中、赤い土と岩が多かったです。この辺でぽたぽた雨が降ってきました。

雨の登山道
一合目付近、雨の登山道です。ゲリラ雨であっという間に道が川になりました。

目印
オリエンテーリングにそっくりな目印です。珍しい。

男体山ルート
北側ルート、頂上で休憩1時間の計4時間でした。

北側からの登りは同じような風景で単調でした。今度は南側から、晴れの日に行きたいです。さすが修行の山、ゲリラ雨にはびっくりしました。あっという間に道が川に変わり・・・。早出は基本ですね。8時頃、すでに下山途中で女峰山に向かうトレイルランナーに会いましたが、大丈夫だったんでしょうか。


越後駒ヶ岳 2008/9/28 晴れ

田所先生と一緒に越後駒ヶ岳を登りました。前日夜に出発し、車内泊をしました。あまり寝た気がしませんでしたが、6時頃出発です。雰囲気は谷川岳に似ている感じがします。距離とアップは多く、思ったよりタフな山でした。

越後駒ヶ岳
越後駒ヶ岳はこんな感じです

山頂を眺める
天気予報通りに晴れました

山頂を眺める2
もう少しで山頂です。前日に雪が降った模様です。

登山道
長い登山道でした

雪
雪解け水を飲みました おいしい

草紅葉
これが草紅葉のようです

山頂
山頂に着きました

八海山
八海山です

中ノ岳をバックに
中ノ岳をバックに一枚

360度パノラマ
360度パノラマ

越後駒ヶ岳ルート
小さな登りや下りを繰り返したので、累積標高差はもっとあると思います。

白銀の湯で休み、近くのお店で山菜定食を食べる。山菜の天ぷらがメインなんだろうとイメージしていたら、山菜ばかりだった。もっとカロリーを・・・


四阿山 2008/10/4 晴れ

寄せ集め登山、3回目ですかな?菅平牧場をスタートし、根子岳と四阿山を登りました。さわやかで登りやすい山ですね。展望のせいでしょうか、どちらかというと根子岳の方が気に入ってしまいました。

下りで首の痛みが気になってしょうがなかったです。温泉に入ったら回復しました。

これで百名山は20座になりました。まだまだですね。

菅平牧場付近
菅平牧場付近

寄せ集め集団です
寄せ集め集団です

紅葉です
紅葉です

タンポポ?
タンポポ?

根子岳山頂
根子岳山頂 北アルプスに富士山まで見えました

草津白根山
写真ではわかりづらいですが、草津白根山が見えます

四阿山
今回の標的 四阿山

女性陣
女性陣

根子岳1
根子岳をバックに一枚

四阿山2
三角点から見る山頂です ガスが増えてきました

なんという花?
ピンクに紫

根子岳2
根子岳をバックに二枚


至仏山 2008/10/5 くもり

2連闘です。5時間睡眠をとった後に、尾瀬に向けて出発です。今年初の鳩待峠から入ります。紅葉を見に行きます。

至仏山1
鳩待峠より本日の標的 至仏山

木道
鳩待峠→山の鼻の道は初めてです。

川上川
川上川

至仏山2
ちょっと尾瀬ヶ原に出てみました 斜面が紅葉になっています

エゾリンドウ
エゾリンドウ

燧ヶ岳1
今年2回も登った燧ヶ岳

紅葉
紅葉を見つけてしまいました 写真より生の方がよいです

燧ヶ岳2
紅葉と燧ヶ岳

紅葉2
この辺は紅葉が見事

紅葉3
登るのを忘れ、写真ばっかり撮っています

燧ヶ岳3
紅葉ピーク地帯を越えました

燧ヶ岳4
2000m付近?この辺が尾瀬ヶ原を一番よく見渡せるところです。

小至仏山
至仏山に登ったので帰ります 小至仏山

至仏山山頂
至仏山方面を振り返る

燧ヶ岳5
来週は紅葉のピークかな

西側斜面
小至仏山から西側の斜面です。

至仏山ルート
さわやか?登山

睡眠時間が少ないと2日連続はハードです。紅葉を見たとき疲れは飛んでましたが。山頂は風が強く冬でした。登山シーズンはそろそろおしまいですね。


巻機山 2008/10/18 晴れ

紅葉の巻機山はとても混むとのことで、早朝6時に着くように、3時頃に出発しました。特にトラブルもなく5時半に駐車場に着きました。すでに60台の駐車場が満杯気味というすごい状態です。今日のコースは単純に計算すると12時間になるので、平ヶ岳並みと覚悟を決めます。

6合目付近
6合目付近 標高1000メートルぐらいが見頃です

7合目付近
7合目付近 隣の山は真っ赤です

団体
8合目付近 団体さんがいました そんなに速くなかったが、何時に出発したんだ?

ニセ巻機山直前
9合目前 ニセ巻機山直前 本当の山頂が向こうに見えます

ニセ巻機山
9合目 ニセ巻機山(1861m) 名前がよくないと思う 前巻機山

白いのは
避難小屋付近 白いのは何?

織姫の池
織姫の池 らしいです 山頂目前

山頂?
山頂です でも地図を見ると、まだ高いところがあります

記念撮影
この時点では山頂と思いこんでいて、記念撮影

快晴
今日は天気が本当によい 周りの山がよく見えます 谷川岳方面

山頂
山頂 これがたぶん本当の山頂 何もないけど

越後三山方面
さらに先の牛ヶ岳より 八海山、越後駒ヶ岳、中ノ岳方面

尾瀬方面
燧ヶ岳、至仏山、武尊山、日光白根山まで見えました

紅葉
下山中 紅葉がきれいです

紅葉2
紅葉です

紅葉3
六合目からの紅葉ポイント

巻機山ルート
地図のタイムは多めに見積もっているようです。アップは多いです。

紅葉の巻機山、点数はかなり高いです。今度は春や夏のシーズンに訪れてみたいと思いました。


谷川岳 2008/10/25 晴れ

先週の巻機山の下りでガンガン降りたせいで、足の爪が内出血してしまいました。特に痛くはなく固まっていますが。今日は爪への負担をおさえるため、気軽に登れる谷川岳へ行きました。去年の同じ時期に紅葉を見に谷川岳ロープウェーへ行ったら、昼頃はとんでもない混雑だったので、今回は反省を活かして、早朝に行くことにしました。

6時頃、鶴ヶ島を出発。8時、ロープウェー乗り場着。さすがにこの時間なら待ち時間はなく乗ることができました。ただ観光客はぼちぼち来ていたので、昼頃は混んでいると思います。

谷川岳
またガスです なかなか晴天に恵まれることが少ない

オキノ耳
途中省略、山頂のオキノ耳

東斜面
時折、霧が晴れて景色が見られます 東斜面

燧ヶ岳と至仏山
燧ヶ岳と至仏山 いつもお世話になっております

雲の境界線
雲の境界線 尾根を越えられずに風ではね返されています これがガスの原因だと思います

下山中
この沢に降りていきます

西黒尾根
西黒尾根 初心者は立ち入り禁止らしい

マチガ沢
マチガ沢 展望ポイント この沢ルートはきついです

マチガ沢の紅葉
マチガ沢の紅葉

マチガ沢から谷川岳
マチガ沢から谷川岳山頂

マチガ沢の紅葉2
マチガ沢の紅葉2

ロープウェー駅の紅葉
ロープウェー駅の紅葉

谷川岳ルート
西黒尾根よりマチガ沢の下りがきつかったです。

山頂にはガスがたまっていたが、展望を少し楽しめることができた。マチガ沢の下りは滑って大変だった。油断するとけがします。山頂小屋のおじさん曰く、今年の谷川岳の紅葉はいまいちらしいです。


雲取山 2008/11/23 晴れ

雲取山にいってきたどー。天気が良くて、最高でした。そして1ヶ月ぶりに追い込みました。

奥多摩湖の紅葉
スタート地点の鴨沢 奥多摩湖の紅葉 午前七時半で気温0度、山頂は・・・-10度くらい?

相当寒いのを覚悟して登っていくが、動いている限りは寒くないです。長袖一枚でOKです。

堂所
中間地点の田所じゃなかった、堂所(どうどころ)

標的
さらに進んでいくと山頂が見えました

奥多摩小屋
奥多摩小屋で休憩します ここまで非常に快調です

山頂間近
山頂間近です 奥多摩小屋からのアップがきついです

山頂?
山頂に着いたと思ったら、ここは山頂ではなかった!

山頂
ここが山頂です 日が出ていたので思ったより寒くないです

金峰山方面
金峰山 甲武信ヶ岳方面

富士山
富士山がきれいです

七ツ石山
せっかくなので下山する時に七ツ石山を登ってみました

雲取山ルート
登山道が整備されていて非常に歩きやすいです。今までの山で一番快適だったと思います。日帰りでは距離とアップが多いですね。


入笠山 2009/12/14 雪

登山ガイドの人のもと、入笠山1955mの雪山へ行ってみました。ロープウェーが使えるので、実際に歩いたのは往復1時間程度でしたが、雪山を少し楽しむという点では十分でした。

積雪あり
ロープウェーから10分程度のところにある山小屋

入笠山山頂
30分ほどで山頂 展望はなかった 残念

T島さん
T島さんの人型

ときおり展望
ときおり展望がよくなりますが、遠くまでは見えませんでした

結晶
結晶

八ヶ岳
冬の八ヶ岳

冬の時期に行きましたが、入笠山は花の百名山です。諏訪南インターを降りて、富士見パノラマスキー場へ向かい、ゴンドラに乗ることで簡単に行けます。スキー場は土曜にオープンしたようですが、下の方は土が見えていて、まだまだといった感じです。今年は暖冬のようです。今年の登山はおしまい。