部内杯2006 結果

2006年度、東京農工大OLCの欅・楓杯(部内杯)結果です。

部内杯結果

 欅・楓杯 
 2006年12月17日 [不動の滝]
 ME/WE   成績 ラップ解析 6200m ↑290m 山下  0:54:59
 MF   成績 ラップ解析 4400m ↑290m 高橋  1:05:18
 WF   成績 ラップ解析 3600m ↑140m 香川  0:37:03
 MF, WF共通レッグ   ラップ解析 MFとWFの△→7 香川  0:31:52
出力日時 : 2006/12/17 21:28


ME / WEの考察

MEWE 1→2

MEWE_1-2

ピンク(山下):4:43 地形をたどるルート。
ブルー(大塚):5:43 すぐに太い道にでるシンプルなルート。降りて登るためアップは多い。
緑(宮澤):6:07 ブルーよりは登りが少ない。

アタックポイントまでは緑のルートの方が登りが少なくて楽かもしれない。Bのハッチの通行可能度がどれぐらいかによると思う。


MEWE 2→3

MEWE_2-3

ピンク(山下):1:58 沢に向かって直進する。
ブルー(大塚):2:38 山下と同様。ただし湿地でがんばりすぎて、沢の登りでバテた。
緑(宮澤):2:44 湿地を迂回する。

直線ルートの方が多少、速そうである。


MEWE 3→4

MEWE_3-4

ピンク(山下):3:15 奥のピークからアタック。
ブルー(大塚):3:43 手前のピークからアタック。
緑(宮澤):4:19 尾根ラインにすぐには登らない。奥のピークからアタック。

すぐ尾根ラインに登った方が、走りやすいと思われますが、どうでしょう。


MEWE 5→6

MEWE_5-6

ピンク(山下):4:22 2ポを通り過ぎる。道と尾根ラインを横切り、斜面沿いに行く。
ブルー(大塚):6:29 尾根を登りたくなかったから迂回した。でも結局、沢を登る羽目に。分岐から直進。
緑(宮澤):4:51 尾根ラインを行く無難ルート。アタックポイントは分岐ではなく、少しへこんだ部分だろうか。

緑ルートが無難で、アタックポイントは分岐付近でしょう。


MEWE 6→7

MEWE_6-7

ピンク(山下):5:33 無駄がないルートだと思う。Aヤブ区間をしっかり走れば速い。
ブルー(大塚):7:06 無駄な登りがある。楽な道を選んだ分、距離は伸びる。
緑(宮澤):7:07 距離は短いルートに見える。ただし川のせきの通行に手間取る可能性や、せきからポストまではかなり登ることが予想される。


MEWE 7→8

MEWE_7-8

ピンク(山下):5:20 太い道に出る。道から川沿いに切り替え、ポストのある道上に当てる直進。
ブルー(大塚):6:31 お遊びでひたすら直進してみた。シンプルルートの道を選んだ弾塚君に抜かされた。
緑(宮澤):5:03 道を行くシンプルなルート。

道を使うシンプルルートをおすすめします。


MEWE 8→9

MEWE_8-9

ピンク(山下):3:48 尾根越え。
ブルー(大塚):5:01 尾根越え、そして降りるときに急斜面で苦戦した。
緑(宮澤):5:16 尾根越えをしない。

たいした登りではないので尾根越えでしょう。降りるときには右側の尾根を意識すれば、道にそのまま合流できる。ポスト手前の沢やこぶがわかれば問題なしである。


MEWE 9→10

MEWE_9-10

ピンク(山下):1:31
ブルー(大塚):1:57
緑(宮澤):1:38

基本は直進。日光のようにヤブの違いがはっきりわかる場合、ヤブを目印に利用できると思う。途中の沢を確認し、Bヤブにぶつかることになる。Bヤブは突っ切ってもよいし、回避してもいい。


MEWE 10→11

MEWE_10-11

ピンク(山下):5:40 ブルーのルートと同じ。右側から回っていく。
ブルー(大塚):6:48 脱出に失敗した。
緑(宮澤):6:07 左側から回っていく。

脱出方向をしっかり決める。長いルートはしっかりプランを立てる。ポストへ目指すルートは右回りの方が速そうに見える。結果から見るとあまり変わらないようだ。右側の溝沿いの道は少しは走りにくかったためだろうか。頂上まで一気に登ってしまうプランもありかもしれない。


MEWE 11→12

MEWE_11-12

ピンク(山下):1:41 直進。
ブルー(大塚):2:58 直進をしているが、手前の尾根で勘違いしてしまう。正置で違うことに気づく。
緑(宮澤):2:32 地形をたどるが、同じミス?

直進するにしろ、地形をたどるにしろ、歩測をする。手前の尾根の時点でまだ距離があると判断できる。ポストそばの尾根ばかり意識をして、手前の尾根を把握していなかったのもミスの原因である。


MEWE 12→13

MEWE_12-13

ピンク(山下):2:34 分岐から少し左目に直進?
ブルー(大塚):3:38 前のポストでつぼったので、小径かどうか確認した。ピークを確認するとポストが見えた。
緑(宮澤):2:32 尾根からまわる。

尾根を回ってもよし、植生界を見てもよし、ピークを見てもよし。周りに特徴物は多いのでどれを使っても良い。


MEWE 13→14

MEWE_13-14

ピンク(山下):2:38 沢ルート。
ブルー(大塚):3:26 尾根ルート。
緑(宮澤):3:02 尾根ルート。
参考(弾塚):2:09 恐らく道ルート。

チェックが簡単なため、道ルートが速いと思う。

これ以降のレッグは省略します。


MF / WFの考察(S→7までは同じコース)

MFWF S→1

MFWF_S-1

プランを中途半端なまま、いきあたりばったりで走ると痛い目にあうことが多い。最初は感触を思い出す意味で、チェックポイントは多めでいいと思う。


MFWF 1→2

MFWF_1-2

素直に道を使う。道に出るための脱出方向を決め、分岐までは特に気にせず走る。分岐からアタックポイントまでは少しペースを押さえて、確実にアタックポイントに向かう。道の曲がりや沢をとらえて、アタックポイントへ。後は直進と歩測を合わせてつかう。


MFWF 2→3

MFWF_2-3

道に出て、ゆるやかに登りつつ、ヤブ(亀裂?)や道の曲がりをとらえる。

3→4は省略。


MFWF 4→5

MFWF_4-5

分岐から直進するとき、人工特徴物だけでなく、右側の尾根、沢をとらえる。

MFWFの5→6→7はMEWEの8→9→10を参考にしてください。


MF 8→9

MF_8-9

脱出直後の道を間違えないように正置する。後は特徴的なものが周りにたくさんあるので、簡単に着く。


MF 9→10

MF_9-10

地形のイメージを作れば簡単に行けるレッグ。周りよりも低いところを目指し、入っていけば左側にポストが見える。


MF 10→11

MF_10-11

沢を登り切ったところから、ポストへ向かって直進する。ここでポスト方向を認識しておかないと、尾根に沿って降りてしまうかもしれない。

waa